ミステリー・サスペンス > イギリス > 殺人!《IVC ヒッチコック セレクション》
殺人!《IVC ヒッチコック セレクション》
商品コード : IVCA-18155
セール期間 : 2017年06月16日 〜 2017年07月07日
通常価格 : 1,800円
割引率 : 25% OFF
価格 : 1,350円(税込1,458円)
ポイント : 29
数量
 




「演じること」で欺きあう芸能界の人間たち―― 『下宿人』『恐喝』に続く三つめの純サスペンス
クレメンス・デインとヘレン・シンプソンが共作した戯曲の映画化で、ヒッチコックの監督第12作であり、純粋のサスペンスとしては『下宿人』『恐喝』に続く三作めにあたる。  ロンドンの劇団の花形女優、エドナが殺され、殺人現場には同じ劇団の若手女優、ダイアナ(ノラ・ベアリング)が、暖炉の火掻き棒を手にして虚脱状態で居合わせた。彼女は当然、容疑者として逮捕され、裁判では、俳優兼劇作家のサー・ジョン・メニアー(ハーバート・マーシャル)が陪審員の一人として熱烈な弁護をしたものの、評決は有罪で、ダイアナは死刑を宣告される。ジョンはダイアナの無罪を信じて真相究明に乗り出す。彼が刑務所でダイアナに面会すると、彼女が死を賭しても明かしたくない秘密を抱えていることを嗅ぎつけ、劇団の舞台監督と妻ドゥーシー(フィリス・コンスタム)の助けで、殺人現場であるアパートを再検証し、警察の調書を取り寄せてチェックするうちに、ハンデル・フェイン(エスメ・パーシー)が容疑者として浮かび上がる。彼は女装して空中ブランコに乗るサーカス芸人である。そこに何か疑惑があるのだが物的証拠はない。そこでジョンは劇作家として、エドナ殺人事件をモデルにした芝居を書いて上演を企てる。するとフェインは怖じ気づいて、ジョンに犯行を自白する。彼は白人と黒人の混血で、しかもホモセクシャルであることをエドナに知られていて、それをダイアナに話されることを恐れてエドナを殺害したのだった。  ヒッチコックは、関係者すべてが芸能界の人間であることを巧みに利用し「演じること」で欺きあう状況から華麗なサスペンスを紡ぎだしている。とくにジョンがラジオから『トリスタンとイゾルデ』の序曲が流れる中でひげを剃りつつ事件について考えをめぐらすシーンは、カメラがジリジリ前進するだけで、かなりの長回しで緊迫感を強めている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック
キャスト:ハーバート・マーシャル/ノラ・ベアリング/フィリス・コンスタム/エドワード・チャップマン/マイルス・マンダー/エスメ・パーシー
製作年:1930年
製作国:イギリス
上映時間:104分
映像色:モノクロ
字幕:日本語
音声:英語
規格:片面1層
画面サイズ:4:3 スタンダード