ミステリー・サスペンス > イギリス > 下宿人《IVC ヒッチコック セレクション》
下宿人《IVC ヒッチコック セレクション》
商品コード : IVCA-18148
セール期間 : 2017年06月16日 〜 2017年07月07日
通常価格 : 1,800円
割引率 : 25% OFF
価格 : 1,350円(税込1,458円)
ポイント : 29
数量
 




霧のロンドンの連続殺人を描いてヒッチコック・サスペンスの誕生を告げる歴史的名作!
これはヒッチコックの第三作にあたるが、スリラー、サスペンスとしては最初なので、ヒッチコックらしいという意味では事実上の第一作とも言える作品だ。この映画の見どころはサイレント映画でありながら、字幕になるべく頼らず、映像で語ろうとするヒッチコックらしい技法が既に随所に示されていることだろう。物語は連続殺人事件をめぐって展開するが、その最初の犠牲者のクローズ・アップが見事だ。この場面は女優をガラス板の上に寝かせて髪を丁寧に広げ、下から照明をあてて撮られたために、視覚的に美しいだけではなく、金髪の輝きを強調して金髪の女性だけが狙われることを観客に自然に理解させる効果がある。この描写は美容院を出た女性が金髪をブルネットの髪の下に押し込むショットなどで巧みに補われる。ヒロインの家が事件の最中に迎え入れた怪しい下宿人が、夜中に自室で執拗に歩き回る。その不審な行動は天井を透明にしたセットで下から撮られてサスペンスを盛り上げるが、これは聞かせられない音を映像で見せたわけで、ヒッチコックの技巧派の面目躍如たる名場面として知られる。ヒロインに気のある刑事が訪れる場面では、彼女が作っているハート型のクッキーを小道具にしたユーモラスなやりとりがあるが、これも映像で表現する意識の表われであろう。お馴染みのヒッチコック自身の登場も既にあって、冒頭の通信社の記者と、下宿人が追いつめられる場面の野次馬として出てくる
監督:アルフレッド・ヒッチコック
キャスト:レスリー・バンクス/エドナ・ベスト/ピーター・ローレ/ヒュー・ウェイクフィールド
製作年:1927年
製作国:イギリス
上映時間:80分
映像色:モノクロ
字幕:日本語
音声:サイレント
規格:片面1層
画面サイズ:4:3 スタンダード