ドラマ ラブ&ロマンス > アメリカ > スミス夫妻《IVC ヒッチコック セレクション》
スミス夫妻《IVC ヒッチコック セレクション》
商品コード : IVCA-18165
セール期間 : 2017年06月16日 〜 2017年07月07日
通常価格 : 1,800円
割引率 : 25% OFF
価格 : 1,350円(税込1,458円)
ポイント : 29
数量
 




愛のゲームが生み出す笑いとサスペンス。                      ヒッチコック唯一のラブ・コメディの傑作。
ヒッチコックにとって『レベッカ』『海外特派員』に続くハリウッド第3作にあたる本作は、彼のキャリアの中で非常に異色の作品でもある。ヒッチコックは犯罪およびその可能性を核とするサスペンス映画を撮り続けたが、本作は、ごく初期のサイレント時代を除けば、そうした要素を含まない唯一の例外なのだ。物語は仲の良い夫婦がちょっとした喧嘩をきっかけに無邪気な意地の張り合いをして、互いに相手を焦らすために浮気の真似事をしあうというもので、ジャンルとしては都会的ラブ・コメディであるが、そこにサスペンスがないかと言えば、決してそうではなく、主人公夫婦の微妙な心理がサスペンド=宙づりになった状態から広義のサスペンスが豊かに感じられるのはさすがだ。観客を「怖がらせる」のと「笑わせる」のとは、間合いとタイミングが肝心と言う点で技巧的共通性がある。これは落語の名人がしばしば怪談噺も巧みなことからも分かるだろう。またこの共通性に気づくと、他のヒッチコック作品の多くで恐怖とユーモアが矛盾無く融合している理由も納得できる。ヒッチコックはクラーク・ゲーブル夫人であった主演女優、キャロル・ロンバードと個人的に親しく、こうした異色作の成立について「この作品は彼女との友情から生まれた」と語っているが、その言葉どおり監督、ヒロイン共にリラックスして映画作りを楽しんでいる雰囲気が画面から伝わってくる。
監督:アルフレッド・ヒッチコック
キャスト:キャロル・ロンバード/ロバート・モンゴメリー/ジーン・レイモンド/ジャック・カースン

製作年:1941年
製作国:アメリカ
上映時間:95分
映像色:モノクロ
字幕:日本語
音声:英語
規格:片面1層
画面サイズ:4:3 スタンダード