第1夜 『トップ・ハット』 x ホーセズ・ネック
 

第1夜 『トップ・ハット』 x ホーセズ・ネック

 女房はなにか企んでいると、演出家のハードウィック氏がロンドンにやってきた名ダンサーのフレッド・アスティア扮するジュリーに話すのがこの映画の重要なポイント。ハードウィック氏の妻マージー(ヘレン・ブロードリック)は親友の独身でモデルのデイル(ジンジャー・ロジャース)をジュリーとくっつけようと計画中。それをデイルに打診するために、ベニスのホテルで一杯飲みながらのガールズトークを。そこで頼むのがホーセズ・ネックだ。
 柑橘の香りで爽やかな味のホーセズ・ネックのアルコール度は、強くも弱くもない中間のほどよさ。有閑マダムが昼間に飲むのにピッタリともいえる。このお酒を飲んだせいか、それともマージの懐の深さか、お見合いをさせるつもりが、逆に親友から夫のスキャンダルを聞いても、動じない。かえって「魅力ある女に男はちょっかいをだすものよ」とサラッと流す。後で、それが誤解とわかるが….。ホーセズ・ネックのレモンの皮剥きに根気がいるのと同じように、結婚にも慌てず騒がずじっくりと、なんて意味をこめてのカクテル・チョイスとは、なんともニクい!
 アスティア&ロジャースの歌と踊りがたっぷり楽しめるミュージカル映画の傑作ラブ・コメディ。今宵は名曲「チーク・トゥ・チーク」を聞きながら、甘美なロマンに乾杯!

〜愛のキューピットになるカクテル〜

From『トップ・ハット』

hozes2

RICIPE

ウィスキー:40ml
ジンジャーエール:適量
レモンの皮

レモンの皮を飾り入れたグラスに氷を入れ
ウイスキーとジンジャーエールを注ぐ

tophat02
tophat01

1935年 アメリカ
監督:マーク・サンドリッチ
出演:フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース
発売中!